カラトラバは、その純粋な造形美により、ラウンド腕時計の古典として、またパテック フィリップのスタイルを象徴する最も美しいモデルとして世界中に知られています。究極のエレガンスを誇るカラトラバは、時を超越した完璧さと洗練された気品により、世代を超えて愛されてきました。

1932年に創作されて以来、この洗練された気品に溢れるタイムピースは、手巻または自動巻ムーブメントを搭載した数多くの紳士用、婦人用モデルとして製作され、マニュファクチュール パテック フィリップの最も豊かなコレクションに数えられます。
フラグシップモデルのひとつ、≪クルー・ド・パリ≫として知られる著名なギョシエ装飾ベゼルのカラトラバは、時に七宝文字盤と組み合わされ、高級時計製作の世界で最もよく知られたタイムピースのひとつとなっています。