1876年より、ユリス・ナルダンは、ヌーシャテル及びジュネーブの天文台にマリーンクロノメーターを定期的に提出し、厳しい検査を受けています。時計製造技法における最も難しい専門分野の一つにおいて、ル・ロックルの工場にて製造されたマリーンクロノメーターの優秀性が認められました。
今日の航海ではマリーンクロノメーターや、六分儀の代わりにGPSを使用して航行していますが、時計愛好家とコレクター達の間では今なおユリス・ナルダンのマリーンクロノメーターは高い人気を得ています。

シリーズ商品一覧

前へ

次へ