スティーブ・マックイーンが着用した伝説の腕時計

1969年、タグ・ホイヤーは世界初の自動巻クロノグラフを発表したことに加え、世界初の角型防水ケースを開発し、それを搭載することにより、これまでの伝統を覆しました。発表からわずか1年後、スティーブ・マックィーンが有名なカーレース映画『栄光のル・マン』でこの腕時計を使用しました。大スターの腕に着けられた腕時計は、すぐにアイコンとなりました。それから40年、モナコシリーズは、大胆さとエクセレンスを象徴する、非常に素晴らしいコレクションとなっています。 タグ・ホイヤーは、ベルト駆動のトランスミッションを採用した世界初の時計となる、革新的なモナコV4で、これまでのあらゆる常識を覆し続けます。