ユリス ナルダン

品番:1506-150/LE

マリーン クロノグラフ
マニュファクチュール

¥5,108,400(税込)

  • 限定150本
お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ ユリス ナルダン スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年12月7日(水)-12月15日(木) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

ひたむきな独立精神に突き動かされ、ユリス・ナルダンは完全自社製の新クロノグラフムーブメントUN-150を搭載したエナメル ウォッチを発表

優れた時計づくりが歴史なしには存在しえないのと同様に、英雄の存在しない歴史はありません。20世紀後半、自身の時計づくりの才能を際限なく用いたユリス・ナルダンの名は、初期の商船史に刻まれていました。世界的に有名な計測器であるマリーンクロノメーターを製作していた彼の作品は、数多くの船に搭載されていました。まるで過去と現在の間に架けられた橋のように、170年経ったいま、新作マリーン クロノグラフ マニュファクチュールは創業者が重んじていた革新や信頼性および高精度である価値を体現するだけでなく、ユリス・ナルダン社が設定する最終目標である「独立」の達成に近づくための一歩を示しています。2013年新作のこの時計には、グランフーエナメルのダイヤル、そしてシリコン製のヒゲゼンマイを含む、完全自社製造のムーブメントUN-150が搭載されています。
ユリス・ナルダンは、2012年にすでに自社製ムーブメントUN-118を搭載したマリーン クロノメーター マニュファクチュールを発表しています。コレクションに新たに加わるマリーン クロノグラフ マニュファクチュールは、高い視認性に貢献するたっぷりとした径43mmのケース、縦溝彫りが施されたフルートベゼル、完全な防水性を保証するねじ込み式リューズ、そして手首の上で優れた安定感を確保する固定ラグといった、航海用計測器としての特徴をすべて備えています。

しかしながら、それを見る者をただちに魅了するのは、ダイヤルの持つ純粋さでしょう。ユリス・ナルダンが2011年に傘下に収めたドンツェ・カドラン工房により作られたダイヤルは、創業者が考案した意匠に対して比類の無い敬意を表しています。グランフーエナメルの実現には、数少ないマニュファクチュールのみが習得している、今日では稀な伝統技法および熟練した腕前を要します。職人が何層にもわたり繰り返しエナメルを塗り、その都度およそ900度の炉で焼成していくと、次第に純潔な白の背景から力強い黒のローマ数字のインデックス、レールウェイ状の外周目盛り、そしてさまざまなカウンターが浮かび出ます。ユリス・ナルダンの誇りとも言える不朽のグランフーエナメルダイヤルは、限定150本で製造される18Kピンクゴールド製のマリーン クロノグラフ マニュファクチュールを特徴付けています。
自動巻クロノグラフキャリバーUN-150もまた、ユリス・ナルダンの誇る偉業と言えます。48時間のパワーリザーブを備える他にも、時・分表示、9時位置のスモールセコンド、4時半位置の日付窓、センター針によるクロノグラフ、3時位置のミニッツカウンター、および6時位置のアワーカウンターを携えています。322個の部品で構成されるムーブメントは、スイスの一流ブランドからその使用権利を取得してから2年間、調整および仕上げに費やされました。現在は自社で製造しており、毎時28,800振動する、極めて高い精度に寄与するシリコン製の脱進機がおさめられています。
新作マリーン クロノグラフ マニュファクチュールはブランド創業者の創造的才能を讃えるのみならず、ユリス・ナルダンが追い求める革新性および独立心を象徴しています。この作品は、同族会社を高級時計製造の大海原へ進水させるための資質を、すべて備えるタイムピースなのです。
・ムーブメント:キャリバーUN-150
・自社設計ムーブメント
・シリシウム製脱進機、28,800振動/時
・パワーリザーブ約48時間
・巻き上げ :自動巻
・機能:
 センター針で計測をするクロノグラフ
 9時位置にスモールセコンド
 3時位置にミニッツカウンター
 6時位置にアワーカウンター
 4時半位置に日付表示
・ケース:18Kゴールド
・リューズ:ねじ込み式リューズ
・径:43mm
・防水性:100m
・風防:反射防止サファイアクリスタル
・ケースバック:サファイアクリスタル製のシースルー バック
・ブレスレット:18Kローズゴールド