モーリス ラクロア

品番:MP6558-SS001-090

マスターピース
ミステリーセコンド

¥1,425,600(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

2010年にモーリス・ラクロアがあの名高いルー・カレモデルを発売して時に対するビジョンを打ち出したところ、このモデルは幅広い賞賛を受けました。現在では数種類のバージョンが展開されています。このウォッチで注目の的となったのは、見た目の美しさにとどまらず、時の経過を測定する革新的な方法でした。今年も引き続き、スイス時計ブランドとして、アバンギャルドで独創性に富んだリッチ感のある自由な雰囲気を受け継ぎ、マスターピース ミステリーセコンドを発表いたします。 このウォッチが時計製造の歴史に新たな1ページを刻みます。予想を越える壮大な魅力に満ちたこの時計にふさわしい名称、それはMystrieuse(ミステリー)―インスピレーションを与え、好奇心をくすぐるもの。きっと、スケルトン化されたムーブメントの内部の動きを司るグレーのディスクに目が釘付けになるでしょう。エレメントの多さは、印象的な秒表示、スケルトン化、あるいはブランドのトレードマークとなっているオフセンターに配した時間表示など、モーリス・ラクロアの最高技術の証です。あの複雑な秒表示もミステリーモデルの一番の魅力として健在です。ML215 キャリバーで駆動 新たなモーリス・ラクロア
すっかり浮いているかのように軸上で回転するブルー仕上げの針は、目が奪われるほどの錯覚を起こさせます。この心に残る功績の背後の機構に秘められたミステリーは、今も未解決のままです。時間表示は2時位置に、メタリックブルーの針で表示されます。残りの文字盤は、幾何学的な様式が際立つムーブメントのブリッジ付近でスケルトン化されており、非常に現代的な印象です。こちらのウォッチは、ロジウム加工とルテニウム加工の2つのバージョンからお選びいただけます。直径43mmのスティール製ケースに収められたこの自動巻きの機械式ムーブメントML215は、サファイアクリスタル製ケースバックからその姿を眺めることができます。このすばらしい仕上がりのウォッチが属するカテゴリーはもちろん、最高級の技巧をもってのみ提供される高級時計の部類です。マスターピース ミステリーセコンドは、2シリーズとも限定125本のみの発売となります。
◆ケース
・ステンレススティール製、直径43mm、サテン仕上げとポリッシュ仕上げ
・両面に反射防止加工を施したドーム型サファイアクリスタル
・大型のサファイアクリスタル製ねじ留め式ケースバック
・50 m(5気圧)防水

◆ダイヤル
・ホワイトラッカー仕上げにブラックでプリントされたダイヤルにオフセンターの時・分表示、ロジウムプレートのアラビア数字
・フラットなサファイアクリスタルにホワイトを背景にしてブラック/グレーのプリントを施した大型の秒表示
(両面に反射防止加工)

◆針
ロジウム仕上げのムーブメント:
・ファセットカットを施した時針と分針にメタリックブルーのコーティング
・ファセットカットを施した秒針にメタリックブルーのコーティング、先端にはブラック/グレーの発光塗料を塗布(ブルーの発光)

◆ルテニウム仕上げのムーブメント:
・ファセットカットを施した時針と分針にロジウムコーティング
・ファセットカットを施した秒針にロジウムコーティング、先端にはブラック/グレーの発光塗料を塗布(ブルーの発光)

◆バックル
ロジウム仕上げのムーブメント:
・スティール製フォールディング・クラスブ、プッシュボタン付き
・サテンおよびポリッシュ仕上げ

ルテニウム仕上げのムーブメント:
・ブラックPVDコーティングを施したスティール製スタンダードバックル
・サテンおよびポリッシュ仕上げ

ストラップ /ブレスレット
・クロコダイルレザー ストラップ
・ブラック(ブラックカーフスキンのライニングにブラックのオーバーステッチ)またはブラウン(ブラウンカーフスキンのライニングにブラウンのオーバーステッチ)

◆ムーブメント
・自動巻きマニュファクチュール ムーブメント ML215

◆機能
・2時位置にオフセンター針による時・分表示
・6時位置に「ミステリー」セコンド表示
・振動数:毎時18,000回転、2.5 Hz
・パワーリザーブ:50 時間
・石数:48個
・調整:全巻き後5姿勢、24時間後2姿勢
・装飾:ブリッジはロジウムコーティングまたはルテニウムコーティングとサンドブラスト仕上げ、メインブリッジにはダイヤモンドカットのエッジ。ローターにはコート・ド・ジュネーブ(直線ストライプ)。
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。