モーリス ラクロア

品番:LC6067-SS001-110

レ・クラシック トラディションSS

¥216,000(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

時間を超越したデザインと手作業による最高級の仕上がりが、スイスの時計師の技術の品質の高さを物語っています。それを裏付けるのが、長年にわたってすでに定評のある「クラシック」モデルの下に位置する、レ・クラシック トラディションのサブコレクションのピンクゴールドまたはスティールの新作ウォッチです。落ち着きと力強さを備えた外観からは、クラフツマンシップの数世紀前から続く伝統への敬意がうかがわれます。抑制の効いたエレガンスは、スリムなケースとシンプルで美しいダイヤルによってさらに引き立てられ、手首に装着すると、これらのモデルのクオリティの高さが際立ちます。こちらのモデルはスティールケース製で、直径38mmの男性用バージョンと、やや小さめの28mmの女性用バージョンの2種類からお選びいただだけます。ゴールド(18K)製ケースのモデルにも、男性用と女性用の2タイプのダイヤルをご用意しました。
このクラシカルでエレガントなセッティングが施された、ロジウムプレートまたはピンクゴールドプレート製の精巧な時・分・秒針は、時という本質的なものだけに意識を向けたつくりになっています。唯一、付け加えられている機能は、6時位置の控えめな日付表示です。自動巻きキャリバーはML 155です。いずれも高精度で、スリムなケースを実現させるとともに、信頼性の証となっています。また、クラシカルでモダンなスタイリングだけではなく、ドーム型のサファイアクリスタル製ケースバックによって詳細な測定が可能になっています。装飾については、回転錘にはクラフツマンシップの伝統の最高峰であるコート・ド・ジュネーブが、ブリッジにはサーキュラーグレインが、ローターにはゴールドプレートまたはロジウムプレートが施され、見る人の目を楽しませてくれます。これらの新しいモデルを携えたレ・クラシック トラディションは、スイスのクオリティとスタイルの洗練された調和を象徴するコレクションです。
◆ケース
・スティール製ケース、直径38
・ポリッシュ仕上げ
・反射防止加工(内側)を施したドーム型サファイアクリスタル
・シースルーケースバック
・30 m(3気圧)防水

◆ダイヤル
・ホワイトラッカーのミラー仕上げにブラックでプリントされたローマ数字
・ブラックラッカーのミラー仕上げにシルバーでプリントされたローマ数字

◆針
・ダイヤモンドグラインドによるファセット加工を施したロジウムプレート製の時・分・秒針

◆ストラップ
・ブラックまたはブラウンのアリゲーター レザーストラップ、ブラックカーフスキンのライニング

◆バックル
・スティール製クラシックバックル
・ポリッシュ仕上げ

◆ムーブメント
・自動巻きキャリバー ML 155

◆機能:
・センター針による時・分・秒表示
・6時位置に日付表示
・振動数:毎時28,800回転、4 Hz
・パワーリザーブ:38時間
・石数:25/20個
・調整:3姿勢、フル巻き上げ時および24時間経過後
・装飾:ロジウムプレートのムーブメント、サーキュラーグレイン、スネイル仕上げ、ゴールドプレートのローター
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。