モーリス ラクロア

品番:LC6078-SS002-33E

レ・クラシック
クロノグラフ・ムーンフェイズ

¥464,400(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年12月7日(水)-12月15日(木) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

性能はわかりやすさと単純さに左右されるものでしょうかそれを証明してくれるのがこのレ・クラシックの新作コレクションのクロノグラフです。このウォッチは非常に短い期間も厳格な理論で測定します。伝統的なスタイルには、3つのカウンターが自然にフィットし、一連のコンプリケーションや、24時間表示、ムーンフェイス表示のほが、日付・曜日・月表示が見事にまとめて収納されています。ML 154キャリバーから動力を得るこのタイムピースなら、信頼性も精度も間違いありません。自動巻き機構に注がれた細心の配慮はダイヤルにも反映されています。表示は多いですが、過度に飾り立てたりせず、自然でひたすら実用に徹しています。30 m(3気圧)防水の直径41mmケースは、ステンレススティール製ケースのほが、3タイプのダイヤル(トラディショナルなシルバープレート製、コンテンポラリーなブラック仕上げ、クラシカルなシルバーにゴールドプレート製のアワーマーカー)から選択して18Kイエローゴールド製ベゼルに合わせられるツインカラーのケースがございます。
時針と分針にはスーパールミノバを塗布し、暗闇でも時刻を読み取りやすくしています。12時位置には30分計を、また6時位置には12時間計のほが、朔望月も表示しました。なお、9時位置にはスモールセコンド表示と24時間表示が、また中央には日付表示とクロノグラフ秒針が配されています。月表示と曜日表示は12時位置に並んだ2つの窓に表示され、一つの絵のようになっています。10時に位置するクイックコレクターは、曜日を自動調整できます。この時計の見事なバランスは、調和がキーワードの古典的な歴史あるウォッチの数々を思わせます。ムーンフェイズクロノグラフのストラップは、レザーストラップのほが、メタルブレスレットからもお選びいただけます。
◆ケース
・ステンレススティール製、直径41mm
・表面はポリッシュ仕上げおよびサテン仕上げ
・反射防止加工(内側)を施したドーム型サファイアクリスタル
・30 m(3気圧)防水
・イエローゴールド製ベゼル(18Kイエローゴールドの重量: 5g)を合わせたスティールゴールドのバージョン
・10時位置にクイックウィークリーコレクター

◆ダイヤル
・ベルベットのような仕上げで際立つタイムレスなデザイン
・シルバー、ブラック、またはシルバーゴールド/イエローゴールド製アワーマーカーをご用意
・ダイヤモンドカットのアプライドアワーマーカーにホワイトのスーパールミノバ SLNC1を塗布


◆針とディスク
・ダイヤモンドカットの針、時針と分針にはホワイトのスーパールミノバ SLNC1を塗布
・ロジウムプレートバージョンまたはイエローゴールドプレートバージョン

◆ストラップ /ブレスレット
・ブラックまたはブラウンのクロコダイル型押しカーフストラップ
・ポリッシュ仕上げおよびサテン仕上げを組み合わせた7連メタル ブレスレット

◆バックル
・ステンレススティール製フォールディング・クラスブ、プッシュピース付き
・ポリッシュ仕上げとサテン仕上げのコンビネーション

◆ムーブメント
・自動巻きムーブメント ML 154

◆機能:
・センター針による時・分表示
・9時位置に針によるスモールセコンド表示
・9時位置に針による24時間表示
・センター針によるクロノグラフセコンド
・12時位置にクロノグラフ30分計
・6時位置にクロノグラフ12時間計
・センター針による日付表示
・12時位置にディスクによる曜日および月表示
・6時位置にディスクによるムーンフェイズ表示
・振動数:毎時28,800回転、4Hz
・パワーリザーブ:48時間
・石数:25個
・調整:3姿勢、フル巻き上げ時および24時間経過後
・装飾:ロジウムプレートのムーブメント、サーキュラーグレイン、スネイル仕上げ、コート・ド・ジュネーブ装飾
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。