モーリス ラクロア

品番:PT6318-SS001-130

ポントス オフセンター
ムーンフェイズ タイムピース

¥518,400(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

現代的で、ひときわ目立つこのポントス オフセンター・ムーンフェイズ タイムピースは、伝統的な原則にとらわれず、独自の時間に対する哲学を作り上げています。驚くことに、視認性に妥協することなく、時をさまざまな方法で表現しています。構造化された時のイメージは、オリジナリティを前面に出すことで、典型的な厳格さを覆い隠しています。最初から、ポントス シリーズは、踏み慣らされた道を外れ、独自の道をつき進むことを表明しています。最も特徴的なオフセンターのレイアウトは、既存の基準から解き放たれ、新たなエレガンスと洗練を確立しています。これらの方針に従って作り出された新しいムーンフェイズ タイムピースは、自身を最も美しいオロロジカル コンプリケーションの1つだと考えています。2010年に発売されたオフセンター ムーンフェイズの後継モデルであり、ステンレススティール製の直径43mmのケースおよび両面に反射防止加工を施したサファイアクリスタルが付属、自動巻き機構 ML122キャリバーが搭載されています。
このアイテムのバランスの取れた美しさは決して否定できません。なおかつ、オフセンターの配置によって、通常とは違う場所に注目が集まります。10時位置にあるディスクには、時・分が表示されますが、これには、細長いアプライド インデックスが付属しています。これらは、ダイヤルの円形に沿って放射状に広がっています。6時位置にある開口部には日付が表示され、4時位置にあるムーンフェイズ表示はエレガントなワルツを踊ります。2つの重なったディスクはダンスを踊っているかのように見えます: 金属化サファイアクリスタルのディスクにはムーンフェイズが、もう一方の下になっているディスクにはデイ/ナイトが表示されます。ブラックのダイヤルには、シンプルかつ明確に情報が表示されます。 ダイヤモンドが敷き詰められたスリムなマーカーと先端に夜光塗料を塗布した針によって、サンブラッシュ サテン仕上げの質感とのはっきりとしたコントラストが生まれます。ロジウムダイヤル バージョンでは、光の相互作用が生まれ、時計によりクラシカルでエレガントな雰囲気をもたらしています。
◆ケース
・ステンレススティール製、直径43mm、サテン仕上げとポリッシュ仕上げ
・両面に反射防止加工を施したドーム型サファイアクリスタル
・大型のサファイアクリスタル製ねじ留め式ケースバック
・2時位置にムーンフェイズのクイック修正ボタン
・50 m(5気圧)防水

◆ダイヤル
・モーリス・ラクロアのシグネチャーを現代的にアレンジした、オフセンター表示を備えたダイヤル デザイン
・4時位置にムーンフェイズを表示する大型の開口部、6時位置に日付表示
・4時位置に満月までの残り日数を示す月齢表示
・ブラックまたはロジウムカラー、サンブラッシュ仕上げのダイヤモンドカット アプライドアワーマーカー

◆針とディスク
・ダイヤモンドカットおよびファセット加工された時針および分針、ホワイトのスーパールミノバ C1塗布 (ブルーに発光)
・デイ/ナイト ディスク
・サファイアの月表示ディスク、デイ/ナイト表示ディスクを回るメタルコーティングされた月

◆ストラップ /ブレスレット
・ブラックの大型アリゲーターレザーストラップ、ブラック・カーフスキンのライニングおよびブラックのオーバーステッチ入り

◆バックル
・ステンレススティール製フォールディング・クラスブ、プッシュピース付き
・サテンおよびポリッシュ仕上げ

◆ムーブメント
・自動巻きムーブメント、ML122 -10

◆機能
・オフセンター針による時・分・秒表示
・4時位置にサファイア製のムーンフェイズ表示ディスク、月齢表示付き
・4時位置にディスクによるデイ/ナイト表示
・6時位置に日付表示

・振動数:毎時28,800回転、4Hz
・パワーリザーブ:38時間
・石数:34個
・調整:3姿勢、フル巻き上げ時および24時間経過後
・装飾:ロジウムプレートのムーブメント、サーキュラーグレイン、スネイル仕上げ、コート・ド・ジュネーブ装飾
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。