モーリス ラクロア

品番:MP6518-SS001-330

マスターピースダブル・レトログラード

¥756,000(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

ピンクゴールド製のマスターピース カランドリエ レトログラードおよびマスターピース ダブル レトログラードは、50本のみの限定エディションです。直径46mmの大型ケース、堂々とした存在感。そのゆったりとしたサイズは、時を表示するのに十分なスペースを備えていると言えるでしょう。水深50mまでの防水性を備えたケースは、ポリッシュ仕上げおよびサテン仕上げを施した極めて現代的なスタイルで、余分な装飾的要素はすべて排除されています。飾り気のないシンプルさは、あらゆるモデルで時刻を整然とした実用的な方法で表示するブルーのダイヤルにも反映されています。
あるモデルには10時位置にレトログラード日付表示が、別のモデルには12時および6時位置にGMTダブル レトログラードと日付表示が付属しています。繊細な切り抜きの表示は、技術的に優れているだけでなくスタイリッシュでもあり、ダイヤルのサンブラッシュ サテン仕上げによって引き立てられており、ディープブルーのカラーがその資質の高さを証明しています。モデルによって2時または3時位置にあるパワーリザーブ表示は、大胆でダイナミックなデザインが特徴です。ピンクゴールドのアプライドマーカーは、緩やかに広がる曲線状に配され、実際に動いているかのような印象を与えます。スモールセコンド針は、停止することなく規則正しく回り続けます。
ブルーのダイヤル上を動くピンクゴールドの針は、はっきりとしたコントラストを打ち出します。そのダイヤモンドカット仕上げによって、緩やかに曲線を描くフォルムがさらに引き立てられています。アーバーホールがないため、ごく小さなディテールまでよく見えるこだわりの伝統的なデザインになっています。このタイムピースのシンプルであることから生じるデザインの安定感は、最も美しい構築物と呼ぶにふさわしいものです。そのデザインは最も純粋なエッセンスのみを取り出し、理想の形と機能へと変化させてたものです。見た目の完璧な調和と非常に明瞭な視認性は、このことをはっきりと証明しています。
時計を組み立てた後は目にすることがない最も小さな部品であっても、その仕上げはサファイアクリスタルのケースバックから眺めることができます。その直径16リーニュという大きさは、現在販売されている自動巻きキャリバーの中でも最大です。高性能であることを重視する要求の厳しい人々の期待に応えて、新しい自動巻きマスターピース ウォッチはスティール製で、サイズは最も人気のある直径43mm、ダイヤルはブラックまたはシルバープレートの2種類の仕上げをご用意しました。
◆ケース
・ステンレススティール製、直径43mm、サテン仕上げとポリッシュ仕上げ
・両面に反射防止加工を施したドーム型サファイアクリスタル
・大型のサファイアクリスタル製ねじ留め式ケースバック
・50 m(5気圧)防水

◆ダイヤル
・ソリッドシルバー925プレートベース
・ブラックまたはシルバーカラー、サンブラッシュ仕上げ
・ダイヤモンドカットのアプライドアワーマーカー、スモールセコンドおよびパワーリザーブ表示

◆針とディスク
・刻印された時針および分針、手作業の伝統を受け継ぐダイヤモンドカットのヘッド付き
・最適な視認性を保証するダイヤルカラーとコントラストを成すレトログラード表示:ブラックのダイヤルにはロジウムカラー、シルバーのダイヤルにはブラックゴールドカラー
・パワーリザーブおよびスモールセコンド用のロジウムカラーの棒状針

◆ストラップ /ブレスレット
・ブラックの大型クロコダイルレザーストラップ、ブラック・カーフスキンのライニングおよびブラックのオーバーステッチ入り

◆バックル
・ステンレススティール製フォールディング・クラスブ、プッシュピース付き
・サテンおよびポリッシュ仕上げ

◆ムーブメント
・自動巻きムーブメント、ML 191 (ダブル レトログラード)

◆機能

ダブル レトログラード (ML 191):
・センター針による時・分表示
・6時位置にレトログラード針による日付表示
・12時位置にレトログラード針による第二時間帯表示
・9時位置にスモールセコンド針
・3時位置にパワーリザーブ針

・振動数:毎時18,000回転、2.5Hz
・パワーリザーブ:52時間
・石数:74個
・調整:5姿勢、フル巻き上げ時および24時間経過後
・装飾:垂直サテン仕上げおよびスネイル仕上げ、ロジウムプレート
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。