モーリス ラクロア

品番:PT6118-SS001-331

ポントス オフセンター・GMT

¥518,400(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

時を構成する現代的なデザイン。高尚な空間を演出する球体のダイヤル。完成された機構を収納した建築的構造を持つケース。ポントス オフセンター・GMT は独自のスタイルを築き上げています。当初から、ポントスの「オフセンター」シリーズは、伝統的な時計製造の固定概念からの脱却を目指してきました。その目標は成熟期を向かえ、2006 年に発表され、2007 年にデザイン賞の最高峰レッド・ドット賞を受賞したポントス オフセンター・GMT から誕生した、その高貴な血統を受け継ぐ新作タイムピースは、セカンドタイムゾーンを備え、モーリス・ラクロアが誇るオフセンターのコンセプトを一段と高めています。2007 年モデルと比較して、シンプルかつフラットになった新作ポントス オフセンター・GMT のダイヤルは、依然としてその斬新さを誇示しています。サンバースト仕上げを背景としたデザインは、極めて奇抜な装いで建築構造の厳格なイメージを覆しています。必要な情報に応じて、視線の矛先は10 時位置や4 時位置、あるいは6 時位置に向けられるなど、時は固定概念から解き放たれて空間を完全に支配しています。
放射状のアプライドインデックスが配されたダイヤル上では、10 時位置の時、分、秒表示が絶え間ない時間の流れを演出する一方で、それと向かい合う4 時位置には、現代的なデザインを纏ったデイ/ナイトディスクが、針の先に夜光塗料を塗ったGMT の表示を明確にしています。そして6 時位置の窓には、全体の視認性を妨げることなく日付表示が配されています。機械式自動巻きムーブメントML 121 を搭載した、宝石箱を思わせる直径43mm のステンレススティール製ケースは、建築的なデザインと、時計の複雑機構におけるモーリス・ラクロアの技術力との完全なる調和を物語っています。魅惑的なビジュアルに高精度機構を兼ね備えた新作ポントス オフセンター・GMT は、常に時間を巧みに活用し、世界を翔けめぐる現代の旅人たちにその傑出した機能を提供します。
◆ケース
・ステンレススティール製、直径43mm、サテン仕上げとポリッシュ仕上げ
・両面に反射防止加工を施したドーム型サファイアクリスタル
・大型のサファイアクリスタル製ねじ留め式ケースバック
・2時位置にGMT表示クイック修正ボタン
・50 m(5気圧)防水

◆ダイヤル
・現代風に再解釈された、オフセンター表示のダイヤルデザイン
・4 時位置にデイ/ナイトディスクの大きな窓、6 時位置に日付表示
・4時位置にGMT表示
・ブラックまたはロジウムカラー、サンブラッシュ仕上げにダイヤモンドカットの植字アワーマーカー

◆針
・夜光塗料(青色発光)を施したダイヤモンドカットでファセットカットの時針と分針
・デイ/ナイト表示ディスク

◆ストラップ /ブレスレット
・ブラックのアリゲーターレザーストラップ(ラージスケール)、ブラックカーフスキンのライニング、ブラックのオーバーステッチ

◆バックル
・スティール製フォールディング・クラスブ、プッシュボタン付き
・サテンおよびポリッシュ仕上げ

◆ムーブメント
・自動巻きムーブメントML121

◆機能:
・オフセンター針による時・分・秒表示
・4時位置にGMT表示
・4時位置にディスクによるデイ/ナイト表示
・6時位置に日付表示
・振動数:毎時28,800回転、4Hz
・パワーリザーブ:38時間
・石数:34個
・調整:3姿勢、フル巻き上げ時および24時間経過後
・装飾:ロジウム加工を施したムーブメント、サーキュラーグレイン仕上げ、渦巻き模様、コート・ド・ジュネーブ装飾
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。