モーリス ラクロア

品番:MP7158-SS001-909

マスターピース スクエアホイール
<キューブ>

¥1,728,000(税込)

  • 世界限定88本
お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

四角い歯車...常軌を逸した考えです。その歯車を回転させているのが隣にある別 のクローバー型の歯車だと聞いたら、よけいに驚きます。しかし、モーリス・ラクロアの時計技師であるミッシェル・ベルモはこのコンセプトを創作しました。
2つの歯車には変わった形の歯があり、信頼性の高い動作を保証するためには歯車 同士の噛み合わせを完璧に実現させる必要があります。動力伝達のロスをなくすためには、それぞれの歯が独自の角度で寸分の狂いもなく連動しなければなりません。はじめは、変わった形で非常に複雑な歯車を作成する技術は存在せず、この考えは単に紙の上に記録されたものでした。
その後、フォトリソグラフィと電鋳法を組み合わせた「LIGA技術」という最新の技術により、小さな変形歯車を製造することが可能になりました。ル・ロックルに拠点を置くArc工科高等学校との協力により、この革新的なデザインが現実のものとなりました。
“キューブ”の魅力は、4つの機能を刺激的な方法でまとめて表示しているところです。時・分は従来と同じように針で示されますが、スモールセコンドの表示は ダイヤル上の四角い歯車の中心にある輝く頂点によって行われます。
パワーリザーブ表示が加わって、多彩な 機能は完成します。その結果、ダイヤル エリアは斬新なデザインが議論を巻き起こしますが、それにもかかわらす装用しやすい時計であることには変わりありません。

大きなサファイアクリスタルのケースバックからは、モーリス・ラクロアか開発した10番目のムーブメントである自社製 機械式ムーブメントML 156の精巧さを見ることができます。渦巻模様の装飾か施され、249のムーブメントコンポーネントと スワンネックのレギュレーター、ねじ留めのバランスか特徴です。
この素晴らしい仕様は、最も目の肥えたお客様のご要望にお応えしたいというモーリス・ラクロアの、模範的な職人の技を証明するものです。
◆ケース
・ステンレススティール、直径43mm、サテンおよびボリッシュ仕上げ
・両面に反射防止加工を施したドーム型サファイア クリスタル
・大型のサファイアクリスタル製ねじ留め式ケースバック
・5気圧(50 m)防水

◆ムーブメントのブリッジ/ダイヤル
・レーザー彫刻のキューブ、サンドブラストのくぼみ
・ブラックゴールドアプライドインデックスで時、 分、およびパワーリザーブを表示
・四角い歯車とクローバーの歯車が、円形歯車の歯と同じ精巧さでかみ合って動力を伝達します。さらにこの歯車は秒針の役割もしています。

◆針
・シリコン製の四角とクローバーの歯車ホログラフィーのキューブ
・ダイヤル上の四角い歯車の輝くポインターで秒を 表示(ブルーの発光)
・回転軸は見えません
・時、分、およびパワーリザーブ針はダイアモンド カットヘッド

◆ストラップ/ブレスレット
・ラージスケールクロコダイル革、手縫い
・黒

◆バックル
・プッシュボタン付きフォールディングスティール クラスブ
・サテン・ボリッシュ仕上げ

◆ムーブメント
・ 機械式ムーブメントML156、手巻き
・HE-ARCと共同で開発、モーリス・ラクロアにて製造、組み立て
・意匠特許取得済(四角い歯車/クローバー形の歯車

◆機能
・センター針による時・分表示
・6時位置に四角い歯車によるスモールセコンド表示
・3時位置にパワーリザーブ針
・18,000振動/時(2.5Hz)
・45時間パワーリザーブ
・34石
・調整:フル巻き上け時5姿勢、24時間経過後2姿勢 ・装飾:渦巻模様、ロジウム仕上げ
・世界て88本の限定エディション
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。