モーリス ラクロア

品番:MP6558-SS001-095

マスターピース ミステリー

¥1,620,000(税込)

お電話でのお問い合わせ
03-3377-5401

フェア情報

≪ モーリス ラクロア スペシャルフェア 開催中! ≫

【 2016年11月29日(火)-12月7日(水) 】
お探しのモデルやご興味のある腕時計がございましたら
【 価格・在庫など 】 是非一度お問い合わせ下さい!

2013年にモーリス・ラクロアがマスターピース ミステリーを発売したとき、話題騒然となりました。マスターピース ミステリーは、今まで誰も尋ねたこともなかった疑問に答えたのです。かつて「なぜ四角い歯車ではいけないのか」と疑問を抱いたブランドが、今度は「時間は円で表現しなければならないのか」という疑問について追究しました。
マスターピース ミステリーは、時間を線で表現します。指揮棒のような形状をしたツインチップの秒針は、バレエダンサーのような動きでまるで漂っているように針穴のない盤面を横断します。そして、秒針の各先端が、交互に時を刻んでいきます。
ミステリーでは、スケルトン化されたダイアルによって、ケース内部に秘められた精緻なメカニズムの一部が明かされています。時・分針は、2時位置のオフセンターにあります。しかし、そのモデルの神秘的な雰囲気は、時・分針とは対照的に、思考力を大いに刺激される秒表示によって演出されています。
その奇抜な秒針とその下にあるムーブメントの間に物理的な接続がないように見えるのです。


2013年、ミステリーは各シリーズ限定125本で発売されました。
今年、モーリス・ラクロアは新しくマスターピース ミステリーに「コンテンポラリー」と「クラッシック」の2つのバージョンを加え、各バージョンを限定250本で発売します。
「コンテンポラリー」のオフセンターの時・分表示には、ブラックのバックグラウンドにホワイトのアラビック数字をあしらいました。これによりモダンな印象となり、表示が読みやすくなっています。時・分ダイアルのセンター部分は、隣接する部分と同じようにスケルトン化したままですので、内部のムーブメントを見ることができます。
線形の秒表示は、ブラックのディスクにツインチップの秒針(一方の先端がレッド、もう一方の先端がホワイト)が施され、秒針がレッドとグレーの目盛と交差します。その動きがら生まれる美しい外観は、ブラックゴールド仕上げにより、ダイナミックな印象を与え、新たな時間の表現を提案してディスカッションへと導きます。
もう一つのオプションは、「クラッシック」です。このバージョンは、より明確に伝統的な外観を備えています。時・分表示は、ホワイトのアラビック数字が植字されたダークブルーの目盛を特徴としています。
線形の秒表示には、ホワイトのディスクが採用され、純粋さと優しさを表現しています。この場合、ツインチップの針は、一方の先端がブルーでもう一方はホワイトとなっています。針はディスク上を漂い、ブラックとブルーの目盛りと交差します。可視部分のムーブメントの仕上げは、ロジウム加工で、スケルトン化されたダイアル部分に明るい印象を与えています。
◆ケース
・ステンレススティール、43mm径、サテン・ポリッシュ仕上げ
・ドーム型サファイアクリスタル(両面無反射加工済)
・スクリュー式ケースバック(ワイドサファイアクリスタル加工済)
・5気圧(50 m)防水

◆ダイアル
・アップライドのアラビックインデックスが植字されたブラックのダイアルにオフセンター時・分表示
・サファイアクリスタルにブラックのバックグラウンドとレッド/グレーのプリントで施した秒針表示( 両面無反射加工済)

◆針
・純粋な伝統的針製造法によるダイアモンドカットを施した時・分・秒針
・縦・横軸(レッド・ホワイト)上を回転する秒針

◆バックル
・プッシュボタン付き折りたたみ式スティールクラスブ
・サテン・ポリッシュ仕上げ

◆ストラップ/ブレスレット
・ブラックの純正クロコダイルレザーストラップ( ハンドステッチ)

◆ムーブメント
・モーリス・ラクロア自動巻マニュファクチュールキャリバーML215

◆機能
・2時位置に時・分ダイアル
・6時位置にセコンド表示
・18,000振動(2.5Hz)
・50時間パワーリザーブ
・48石
・調整:最大巻上後5ポジションおよび24時間後2ポジション
・装飾:ブリッジ、ローター部分に円形のコート・ド・ジュネーブ模様を施したブラックゴールド仕上げ
・リミテッドエディション:各バージョン250本
■お手入れ
定期的に表面の埃を柔らかい布で拭き取ることをお勧めします。メタルやゴールドの金属部の輝きを長く保つには、時々石鹸と水で洗浄することをお勧めします。モーリス・ラクロアのストラップには本物の革だけが使用されていることをご考慮いただき、水に濡れることがないようにしてください。お手入れにより、モーリス・ラクロアの時計を長くお楽しみいただけます。

■機械式ムーブメントのサービス
モーリス・ラクロアの時計師が機械時計の複雑な内部機構をお手入れいたします。いずれのチェックも数多くの作業工程が含まれ、時計は注意深く分解されます。潤滑油切れ解消のため、精密な作動部への新たな注油、パッキンの交換、エスケープメントの再調整が行われます。最後に時計師によって美しく磨き上げられます。

■電池交換
モーリス・ラクロア製のクォーツ時計のみ必要となります。数日以内に電池切れする状態になると、ほとんどのモデルで中央の秒針が2秒運針するようになります(電池寿命切れ予告機能)-この場合、お近くの取扱店またはサービス・センターで電池を交換してください。